長崎でリフォーム・リノベーションをするならケンコーホームリフォーム事業部へ。水まわりの交換や増改築、何でもご相談ください。

住宅リフォームQ&A

Q1.リフォームってどんな工事をしてくれるの?

A1.一言でリフォームと言っても範囲が分かりにくいものです。
リフォームとは、『壊れてしまった!どうしよう...』という、修繕などのお急ぎのご依頼や、『もっと住みやすくするにはどうしたらいいんだろう?』・ 『大事な我が家を長持ちさせるには...』といったご要望に応える改築など、家を建てた後に手を加える全ての工事を指します。

Q2.工事中の荷物の保管や仮住まいが必要な場合はどうしたらいいの?

A2.仮住まいが必要な場合は当社で手配いたします。
ただし工事中に住めない場合に限ります。家具などの大きな荷物の運搬はこちらでいたしますのでご安心下さい。

Q3.工事は何時から何時までですか?

A3.職人さんや業者さんの稼働時間は朝8時から夕方6時(季節による)ぐらいです。
実際にお客様のところにお伺いするのは、8時20分か30分くらいが朝の目安になります。
お客様のご都合により時間は調整致しますので、ご相談下さい。

Q4.家のリフォームで間取りの変更は自由にできますか?

A4.家屋の構造によってはできないリフォームもあります。

  • 在来工法(最も多い一般的な木造住宅)
    木造住宅の中では、法的な規制を守れば自由に間取りの変更ができます。
    ただし、ひと部屋を大きくする、大きな開口(窓)を設けるときは、補強なども必要な場合があります。
  • 2×4工法(輸入住宅、メーカー系住宅)
    壁で建物を支える構造のため、間取り変更は制約が多く、壁を壊して部屋を広げるなどの増改築は難しいと考えたほうがいいでしょう。
  • プレハブ工法(メーカー系住宅など)
    メーカーにより材質や工法はまちまちですが、一般に壁パネルを合わせた工法の為、開口部を設けたり壁を取り除いたりには制限があります。
  • 鉄骨造
    在来工法でいう筋かいと同じようなブレースが壁面に入っている為、壁を取り除いたりするには制限があります。
  • 鉄筋コンクリート造
    柱と梁以外は自由に間取り変更が可能です。
    ただし、面積が広い住宅で補強のコンクリート壁が設けられている場合、その壁は壊せません。

Q5.リフォームの工事は何日くらいかかるの?

A5.工事にかかる日数は、リフォームの内容や建物の状況によって変わってきます。
あえて目安をあげるとすると、内装工事では一週間、ユニットバスの交換は2日、システムキッチンの交換は4~5日、内装工事と水廻りの設備の交換などの全面改装で約1ヵ月、間取り変更も含む全面改装なら約2ヶ月位です。(マンションの目安)
一戸建ての場合では、骨組だけを残しての全面改修は新築よりもやや短い位の工期がかかります。工程が複雑で職種が多い工事ほど長くかかります。
また、マンション、一戸建ていずれも解体してみて問題が見つかることもあり、補修などの為に予定よりも工期がかかることもあります。

Q6.住みながらでも工事できますか?

A6.一戸建てでもマンションでも住みながらで大丈夫です。大がかりなリフォームの場合、部屋毎や1、2階に分けて工事をすることもできます。ただし、水廻り等の工事では、数日間キッチンやお風呂が使えず不便な面がでてきますので、考慮しておく必要があります。

Q7.リフォームで断熱工事はできますか?

A7.断熱材が入っていない箇所に断熱材を入れたり、内付けサッシをつけたり、いくつか方法はあります。ただし、きちんとした防湿対策、通風、換気計画も必要です。

Q8.リフォームで防音や遮音対策はできますか?

A8.壁は、ボードを2重貼りにする、グラスウールを入れる等いくつかの方法があります。床の場合は、下地を二重床にしたり、防音フローリングを用います。特に畳やカーペットの床をフローリングにするときは注意が必要です。
また、プランニング時に水廻りの壁の横に収納を配置するなども、水音などを軽減するのに有効です。オーディオルーム、ピアノ室などは特に遮音性能の高い内装材や建具の選定が必要です。スペースがあればユニット型の防音室の設置も検討されるといいでしょう。

Q9.リフォームローンにはどんな種類がありますか?

A9. 現在リフォームローンには、住宅金融支援機構の財形住宅融資などの公的リフォームローンの他、銀行ローン、ノンバンク系などの民間リフォームローンが提供 されています。資金計画・返済計画を決めるにあたって、まず初めに各リフォームローンの商品性の違いを確認しましょう。リフォーム会社によっては、特定の 金融機関との提携ローンを勧める場合がありますが、現在は様々なリフォームローン商品が提供されています。
例えば、担保がなくても借りられるローンや、金利は低くても高い融資手数料が必要であったり、繰上返済をする場合に高い手数料が必要な商品もあります。返 済計画に余裕があり、将来繰上返済することを前提にするのであれば、繰上返済手数料がかからない商品を選んだ方が、トータルの返済額で見ると、結果的に有 利な場合もあるでしょう。ご自身のライフイベントを踏まえた資金計画・返済計画にはどのリフォームローンが合うのか、慎重に検討しましょう。

Q10.工事費以外でかかる費用はありますか?

A10.大がかりなリフォームの場合、敷地に余裕が無ければ資材置き場や工事車輌用の駐車場を借りる必要があります。仮住まいをする場合には家賃や引越し代がかかります。
また、リフォームローンを利用するのであれば、事務手数料が必要です。そのほかに、カーテンや照明、家具などの購入費用も考えておきましょう。

Q11.予算内できちんとリフォームするコツはなんですか?

A11.まずは現在の住まいへの不満を書き出してチェックシートをつくることをおすすめします。漠然としたものが整理されて、リフォームする箇所の優先順位や配分も決めやすくなります。
また、リフォーム雑誌や本で情報を収集して、イメージを伝えやすい写真などがあれば切りとるなどして打合せに活用してください。住宅設備機器などの取替の場合は、ショールームに行って実際の使い勝手や、寸法をチェックするのも失敗しない為のポイントです。

リフォーム工事のお問い合わせ・ご相談は 0120-48-5021 受付時間:9:00~20:00 土日も営業!水曜定休

メールでの
お問い合わせ 本社ショールームのご来店予約はこちら

ページの一番上に戻る